2014年09月30日

どうしても納得出来ないこと、阿久根市教育委員の一言

 阿久根市給食センタ−(小学校、中学校合計約1800食)で約3年前から2回に渡り金属片(異物)混入事故が起きていた事を、保護者に知っていただく為にブログやFBで何回も告知しました。
阿久根市議会の一般質問で金属検出機(探知機)の設置を求め都合7回連続の質問を市長、教育長に行なってきましたが、7回目でようやく学校給食センタ−に金属検出機(探知機)を設置する方向で1歩前進しました。 市長も教育委員会も事故防止に「異物混入防止マニュアル改訂と作業員の目視強化」で事故は防げるとして答弁を繰り返してきました。

 市民の中から選任されている、いわゆる有識者の教育委員から特出(?)した意見がありました。
教育長の答弁ではっきりしたのですが「給食センタ−に金属検出機(探知機)を導入する事で阿久根市のイメ−ジダウンにならないか心配」と言う意見があったとの事でした。
開いた口が塞がらないとはこの事です、この程度の教育委員が小中学校の児童生徒の教育に携わる仕事をしていることに腹立たしい想いでした。この事を当り前の様に答弁された教育長、これを認めた市長の在り様は「残念至極、あなた方に子供達の将来を託して大丈夫なのか?」と後味の悪い結果だった。
posted by まーちゃん at 00:26| 阿久根市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

阿久根市議会第3回定例議会が本日終了しました。

阿久根市議会第3回定例議会が本日終了しました。 阿久根市民にとって1番大切な「川内原発1,2号機の再稼働に当って隣接する阿久根市住民の同意を求める意見書(案)」を提出しましたが下記の通りでした。
かねてから「議員をさせて頂いたあかつきは市民の為に是は是、非は非と、しっかりした意見を持ち市民の負託に答えます!」と言いながら「川内原発再稼働について県知事は阿久根市民の同意を求めよ」と言う意見書を結果として出さない事に決した。反対意見は議会のル−ルに反する、市民が出した陳情は継続審議にしているのに整合性がないetc・・・、私が思うに議員がいっちょ前に議論しますが原発については皆素人です。素人は現に起きた事を捉えて判断すべきです。
今回賛成者として松元議員と提出した同上の意見について9名が賛同しませんでした。次の機会に氏名公表したいと思います。
posted by まーちゃん at 16:47| 阿久根市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

住民を守る十分な避難計画が整備されないまま再稼動に賛成できない!

松元議員のFB掲載文をコピ−しています。
>本日9月17日、議会事務局に、鹿児島県知事宛に2件の意見書案を提出してきました。
ひとつが
「住民を守る十分な避難計画が整備されない中で、川内原発1.2号機の再稼働に反対する」意見書
もうひとつが
「川内原発1.2号機の再稼働に当たって、隣接する阿久根市住民の同意を求める」意見書
(いずれも賛成者として石澤議員に快諾をもらい提出する事ができました)
24日の議会最終日に阿久根市議会がどのような判断をするかご注目下さい。

以上ですが、本件提出に際して2件ともお互いに内容をチエックして、提出者松元薫久、賛成者石澤正彰で提出になりました、他にも阿久根市議会に再稼動反対の陳情書が提出されているが、他団体や市民に左右される事なく、かねてから議員として独自の行動が求められると判断していました。
posted by まーちゃん at 21:38| 阿久根市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

一般質問が終りました

11日、阿久根市議会一般質問2日目3名の質問があり、全9名の質問が終りました。  私、平成25年2月第1回定例会から昨日、平成26年第3回定例会迄(全7回)の間、阿久根市学校給食センタ−での金属片異物混入事故2回について、金属検出機(探知機)導入設置を求めて参りましたが、山田先輩議員の本件参入も有り、教育委員会が金属検出機導入設置に向け1歩踏み出してくれました。 FBの皆さんに「教育委員会にTELして欲しい!」とか色々ご無理をお願いしたりしましたが子供達の命を守る為であります。有難う御座いました。
posted by まーちゃん at 01:20| 阿久根市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

交流人口増加に活用して!!!

川畑光英(阿久根市出身大阪在住でフ−ドコ−デネ−タ−他で現役活躍中)さんから下記の通りメ−ルが届いています。「しっかり阿久根市の為に役立てて下さい!生かしきれてない様に思います。」
>与謝野鉄幹 与謝野晶子ふるさと関連見聞録で検索。
昭和4年7月22日から8月5日
8月5日に阿久根町、出水町にて講演のちに福岡へ。
鉄幹は加治木や鹿児島市内に2年半住んでいました。薩摩川内市出身のジャーナリスト山本実彦氏経営出版の「改造社」の原稿依頼によるものと思われます。歌集「霧嶋の歌」も調べてみる必要あるかもしれません。
 川畑さん仰せの通り生かされていません!堂下商工観光課長、山元企画調整課長の両氏から一般質問の取材がありましたので上記の件も念入りに説明要望しました。
posted by まーちゃん at 09:33| 阿久根市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。