2014年10月30日

市民からの陳情を採択する、しないは議員の考え1つです。

昨日、阿久根市議会総務文教委員会が開かれ、川内原発再稼働に関する市民からの陳情7件(うち1件採択)、議員からの意見書2件について不採択にしたことで、松元議員がアップしましたので一部転載します。

>採択したのは
「川内原発3号機増設白紙撤回を求める陳情書」
 採択  (採択に賛成:出口・浜之上・山田・仮屋園) (継続審査or不採択:木下・牛ノ浜・岩崎) 

>〜意見書について〜
「住民を守る十分な避難計画が整備されない中で川内原子力発電所1.2号機の再稼働に反対する意見書」
 否決  (賛成:出口) (反対:浜之上・山田・木下・牛ノ浜・岩崎・仮屋園)
「川内原子力発電所1.2号機の再稼働に当たって隣接する阿久根市住民の同意を求める意見書」
 否決  (賛成:出口・山田)(反対:浜之上・木下・牛ノ浜・岩崎・仮屋園)
*特筆すべきは再稼働に当っては「隣接阿久根市民の同意を求める事」を不採択にした事だ。


posted by まーちゃん at 22:31| 阿久根市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。