2015年02月20日

指定管理者として雇用した従業員に責任を果たせよ、肥薩おれんじ鉄道!

にぎわい交流館阿久根駅の指定管理者「肥薩おれんじ鉄道」は管理運営1年たたずして管理責任を放棄しました、と言うより無責任にも「放り投げた」と思った議員も多い!と私は感じています。「これ以上継続できない」と言ったのかどうかは不明ですが19日西平市長から議会全員協議会で説明が有りました。当初から「鉄道業務もあり、肥薩おれんじ鉄道で」と言う説明で、「何で地元業者にさせないのか?」の意見を入れなかった結果がこういう次第です。「市長も副市長もどの面下げて来たんや」と正直思いましたが可哀そうでもありますね。
しかし雇用された従業員にはしっかり責任を果たしてもらわんとね!みんな生活がかかってるんやで。
従業員はもっと苦しいし可哀想や! 西平阿久根市長も寺地副市長もしっかり手当てしないとね、次の指定管理について公募しないそうだから、次も失敗したら世間の笑ものよね! 
posted by まーちゃん at 20:39| 阿久根市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。