2013年04月19日

宇野正美氏「惑星二ビルを語る」アップしてみます。


ユ‐チュ‐ブで探しました、転載します。
宇野正美氏が惑星二ビルについて語っておられます。
先日、ロシアに落下してきた隕石は小惑星群に二ビルが激突した

現象と言われ、落下寸前飛び出したUFOが被害を最小限に食い止めたとの説も有ります。

<
http://www.youtube.com/embed/vHTQV7zLIYA?feature=player_detailpage" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
posted by まーちゃん at 00:58| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

「市長と語る会」でこんな事が起きたそうです。

 「市長と語る会」は市長と主要課長が何人かで各地域に赴き阿久根市政全体、財政状況等を説明しながら、地域市民の様々な意見をお聞きする市民を中心とした会合だと聞いています。

 2月26日に開催された脇本地域の「カシ之浦西」「カシ之浦東」2区合同での事です。 ある民放局下請けカメラマンが自分の居住地区でもあり、永年の農業用水ポンプ施設について阿久根市の水道課、

 農政課とのトラブルも有り、仕事も兼ねてカメラを据え付けセットしていたら総務課長から「カメラを回すのは問題があるので撤収して欲しい」と要請があったそうです。

 それでもカメラマンは「市民を写すわけではないのでプライバシ−等は守られる」と主張したが、西平市長まで出てきてカメラは駄目であると直接話に来たそうです。

 ここで注目すべきは、市議会も議会基本条例を策定し市民に開かれた議会をアピ−ルして「議会報告会」を市内40箇所で行ないました。 当然「市長と語る会」も開かれた市政、住民本位の政策推進を
目指して開催されるべきだと、多くの市民は思っていると考えます。

 「阿久根市の主催であるので問題だ!」として結局音声だけに留めたようです。 

 幹部職員や職員組合が次期市政も西平市長を続けさせようと阿久根駅の改修や、市民交流センタ−(市民会館)、「海、街、賑わい」を
コンセプトに約50億円の事業を計画立案しています。

 これを鵜のみにして大半が補助事業で推進できるような説明だったとか、市民交流センタ−も海抜2メ−トル前後の現在地に立て替えようとしているようです。 議会で諮問も無い内に建築の規模など
 
 7, 800人の大規模な話が飛び交ったりしています。
東日本の大津波による大規模災害も、「他人事としか考えない」と非難されても当然だと思います。 

 市民交流センタ−の規模もかねてから、少子化を憂いながら大規模を考える等、将来に維持管理費など過負担を強いる事になります。

posted by まーちゃん at 01:09| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

惑星二ビルとの関連はなかったのだろうか?

 
 小惑星、未明に無事通過…地球に最接近

 読売新聞 - ‎8 時間前‎

 約3600年周期で地球に最接近するとされる惑星Xが二ビルだと
国際時事情報誌「エノク」に宇野正美氏が書いています。
これとは別にロシアに落ちてきた隕石(小惑星)は二ビルが小惑星群
に突入して引き起こされた現象かも判らないのです。

 一度是非「惑星二ビル」についてネットで確かめてみてください!
posted by まーちゃん at 23:39| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

日本政府はテロ行為に対して「ジハ−ド」を宣言せよ!

 国民に泣き寝入りを強いるのか?
この恨み誰が晴らすんじゃ! こうなったらテロ行為に対して
「ジハ−ド」、聖戦や!聖戦!聖戦!聖戦!です。
しかしその前に非業の死を強いられた「企業戦士」に贈りたい!

妹 / かぐや姫(伊勢正三 南こうせつ 山田パンダ) - YouTube

www.youtube.com/watch?v=Va87dbue-mk
2009/11/30 - アップロード元: funayado2
妹 / かぐや姫(伊勢正三 南こうせつ 山田パンダ) 1974年発売。
posted by まーちゃん at 21:25| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

学校給食センタ―の運営について、公開質問状を提出!

 先の一般質問「給食費未納、給食センタ―運営委員会」について、阿久根市教育委員会に質問しましたが1時間で消化出来ませんでしたので下記の通り「公開質問状」を提出いたします。
       
                  公開質問状    

  去る1210日市議会一般質問で、市長及び教育長に「学校給食費未納と給食センタ-運営委員会」に
ついて質問しましたが、質問者として手際が悪く ご答弁頂く側も質問の主旨をご理解頂けなかったものと
考え、一般質問内容を改めて明確にして提出致しますので ご面倒ですが書面でお答え頂きますよう
お願い致します。
                             記

 
1、H14年度からH23度まで 各年度ごとの未納額、食材仕入額とH15年度から各年度ごとの未納分
      回収金額を明確にしてください。

2、H2312月迄の繰越金約706万円は何年度から、どんな理由で繰越が開始されたのか。

3、三ヶ月で約538万円が使用され約167万円繰り越されましたが、本来その年度で正当に納付した
     保護者へ等分に返還されるべきとの指摘がありますが如何でしょうか。
     また約538万円を23年度に一括で繰り入れた理由をご説明下さい。

4、過年度の繰越金を現年度に繰り入れる事について全保護者の意思確認は出来ていますか。
  そして当然ですが正当に納付し、保護者責任を果した方々への説明は終っていますか。

5、学校給食法の再確認ですが食材費は保護者負担と明記しています。23年度の結果で全保護者の
     納付額約8100万円に対して、 食材費約8790万円でした。 法的な成合性をご説明下さい。

6、児童手当から給食費の天引きが決定され、学校ごとで足並みが揃ってないような印象が有り、
    
公平性が失われています。 早期に未納分回収の目途をつけ、社会の状況を充分考慮し学校給費の 
     無料化に取り組むべきと考えますがいかがですか。

7、給食センタ-内部でセンター長と市長特命参事との確執について、当然教育総務課が指導的立場に
  あると推察しますがセンタ−への、諸通達書面などを職員全員で共有されていますか。

8、センタ−長の説明で小学校校長に、「市長特命参事が高圧的な態度だったので、その校長が訪問を
  拒絶した。」と受け取りましたが間違いありませんか。 この校長と給食センタ―は児童、生徒の給食を
  担って、安心安全が特に要求されている自覚がありますか。

9、市長特命参事が監査役校長を訪問して「繰越金について知らなかった」事が判明しました。
  
校長は監査役の責務を果していますか、また同校長は「公益通報」についてご存知でしょうか。                                                                            
                                                       以上
                                            
                                         
阿久根市議会議員  
            平成2412月18日                              石澤正彰



 学校給食法に定める所では「給食の食材費」は原則保護者負担です。 私はH23年度保護者からの集金総額約8100万円であったのに食材費約8790万円仕入れ、約690万円オ―バ―させた事に

 ついて内部監査の指摘もないので、法的な整合性について説明して貰いたいのです。  保護者が負担する給食費ですが、別途約7000〜8000万円が給食センタ―運営費として税金から支出されていますが、問題は給食費負担の責任を果たしてない保護者がいます。

 悪質な保護者は「義務教育だから払わんでよい!」と言うなど様々ですが、教育委員会としてもこれまでしっかり対処できなかった事も未納が増加した原因といえます。 

 前竹原市長体制が継続していたなら確実に給食費は無料になっていました。 現体制でも検討すべき時期です。

     (本質問状の中味は再アップになります。)
posted by まーちゃん at 00:11| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。